婦人

老け顔の黒幕|シミはレーザー治療で除去する時代

クリニックでシミ治療

ドクター

紫外線や新陳代謝の乱れなどからできるのがシミや肝斑です。美容皮膚科クリニックでは、レーザー照射で深いシミや年季が入ったシミ、肝斑を消します。神戸市内でも多くの人が美容皮膚科でシミの治療をしています。

View Detail

なめらかなフェイスライン

整形

表情筋の発達により、眉間のシワやエラの張りが生じます。これらは、筋肉の隆起を抑えるマイクロボトックスによって解消することができます。マイクロボトックスでは、3本の注射針で広い範囲に効果がもたらされます。しかも筋層の手前に注射するので、表情筋の機能は残されますし、痛みや内出血のリスクは少なめです。

View Detail

見た目が若返る治療

女の人

しわやたるみ取りに整形を利用するメリットは、翌日には変化を実感できるため、コンプレックスが解消できます。糸を使用するリフトアップは術後観察を行うため、通院して様子見しながら、必要であれば肌ケアを受けます。

View Detail

Related Links

  • シミのレーザー治療を徹底比較

    安全性の高い治療が大人気。シミはレーザーの照射によって消すことが出来るので、ぜひチェックしてみましょう。

色素沈着をどう治療するか

婦人

薬以外の治療方法とは

シミを取るには様々な方法があります。うっかり日焼けしたためにシミができたけれど、美白化粧品で取れたという人もいますし、また、塗り薬や飲み薬で薄くなったというケースもあります。しかし年数が経って濃くなったシミや、生まれつきの物などは、やはり皮膚科や美容外科で治療を受けるのがお勧めです。もちろん薬を処方してもらうこともできますが、それでも効果が出ない場合はレーザーを使用することになります。例外として、肝斑の場合はレーザーを使って治療することができません。肝斑というのは30代から40代に多く、顔の中央部分にぼんやりと、くすみのような形で現れるシミのことです。ホルモンバランスの乱れや、ストレスが原因のことが多く、この場合は塗り薬や飲み薬中心の治療方法になります。

費用や痛みが気になる方へ

レーザーでシミを治療する場合は、費用や痛みが気になるという人も多いでしょう。費用は保険の対象外ですが、最近ではかなりお手頃な価格になっていて、数ミリ程度なら5000円ほどでやってもらえることもあります。治療の前のカウンセリングで相談してもいいですし、その前に、予算に合うクリニックをネットで検索してみるのもいいでしょう。それからレーザーの場合、痛みが気になるという人もいます。ただし照射時間はかなり短いので、そこまでの痛みを感じることはありませんし、それでも気になる人は、麻酔を行ってから治療をするといいでしょう。また治療後は、患部を日に当てることができないので、2週間ほど被覆材を貼ることが多くなっています。肌色なのでぱっと見にはわかりませんし、色素沈着も防いでくれます。